KYOTO, JAPAN

SHOP NEWS

ショップニュース
NEWS 2021.08.28 -

キー成分はかゆみを抑える京丹波のクロモジ。「uka シャンプー アンチイッチ」が8月28日(土)に新登場

uka storePosted on 2021.09.01

この度、トータルビューティーカンパニーuka(@instauka,@ukacojp)は、2021年8月28日(土)にuka シャンプー アンチイッチを発売いたします。

痛みとかゆみを比べると遅れていたというかゆみの研究。
かゆみの研究が進むことで、痛みよりつらいことが世界的に理解されてきました。
掻いてはいけないとわかっていても、どうしても。かゆみは生活の質を下げる、
集中力や判断力の低下、やる気も生産性も。ウカのこだわるクリーンビューティーの力で、自分自身の強さを味方に。あなたと私と地球が、もっときれいに、うれしくなることをふやしていきたいから。そこでキー成分に選んだのが京丹波のクロモジです。1番寒い2月に収穫したクロモジから抽出することで、植物が生きるために溜め込んだパワーの恩恵を。ウカ製品の中で最も多く配合した、京丹波のクロモジウォーター(整肌)は、保湿に長けかゆみを抑えます。ヤシの実由来の界面活性剤を選び、セイヨウハッカ油(整肌)、アトラスシダー(保湿)、ローズマリー葉油(整肌)で天然由来成分98%とシンプルに作りました。セイヨウハッカ油(整肌)が肌を引き締め、アトラスシダー(保湿)が水分と油分のバランスを。ローズマリー葉油が頭皮のキメを整え、フケを抑えます。香りはミント、ローズマリー、シダーウッドのブレンドで清涼感の中に少しだけ甘さも。本来持っている自分の強さを引き出し、頭皮という土壌を健やかにすることで、毛髪の育つ環境を整えて。
クスノキ科 落葉低木 クロモジ
名前の由来は、緑の枝に浮かぶ黒い斑点模様が文字のように見えるところから。
香りを持つ枝は邪気を払うとされて、狩りで獲物を刺す道具にも。それが転じて神へ供物を供える際にも使われるようになったといわれています。一方で、油分が多く水を弾きやすい枝は、かんじきや傘の柄の材料として重宝されました。日本では古くから自分を守る力がある木とされ、それを利用し清潔な高級爪楊枝の素材や精油にも。またお肌や体のトラブルを抑える効果が認められ、和漢植物「ウショウ」として活用されてきました。


開発者の声
R&Dマネージャー・ヘアスタイリスト 遠藤也寸志(uka 広尾店)
僕は幼い頃からずっと頭のかゆみに悩まされていました。一年中、毎日、頭を掻くことを我慢できず、フケも。本当につらかったです。原因は自分の肌に合うシャンプーがどこにも無いこと。職業が美容師ということもあり、手に入る敏感肌用の製品はほとんど試した自負があります。しかしどんなに肌に良い成分が入っていたとしても、肌の刺激になる成分も併せて入っていたら台無しです。ないなら自分の為に、同じ悩みを抱えているお客さまの為に、肌に刺激を与えない、極めて優しい処方にとことんまでこだわる商品開発をしようと思いました。そして完成したのが、uka シャンプー アンチイッチです。頭皮バリアを整えて頭皮環境を良くすることで頭皮を清潔にし、かゆみやフケを抑えてくれます。美容成分も配合しているので頭皮や毛髪の栄養不足にも対応でき、自信を持っておすすめしたい商品です。

uka Shampoo Anti-itch
uka シャンプー アンチイッチ
価格:1,980円(税込)
容量:100mL
発売日:2021年8月28日(土)

SHARE ON
  • facebook
  • twitter
Translate »