KYOTO, JAPAN

SHOP NEWS

ショップニュース
NEWS

きもの生地から作る Aeta 別注 Up-Cycledバッグ 発売開始

Posted on 2024.04.23

【 きもの生地から作る Aeta 別注 Up-Cycledバッグ 】

私たちはこれまできものを作る際に残った生地を大切に保管してきました。
今回、その生地たちを新しく生まれ変わらせたいという想いからAeta に特別注文し出来上がったのが、アップサイクル・ファブリックバッグです。

こちらの商品は、生地の裁断から編み作業まで、すべて手作業により丁寧に作られています。
まずは生地の端切れが細いテープ巾に裁断されます。そして一つ一つが繋ぎ合わさることによって、余すところなく生地が使用されています。
また、テープの配色が単調にならないように組み合わされているため、一点一点違う表情のバッグに仕上がっています。

生地は定番の片貝木綿をはじめ、十日町紬・米沢織・西陣お召のシルク素材、ゆかた素材まで、様々な生地を組み合わせていただいたことによってさんちとさんちが繋がったバッグにもなりました。

大きさは、手持ちサイズのMサイズと、肩掛けにちょうど良いLサイズの2サイズです。

Y. & SONS × Aeta / Up-cycled Fabric Bag / M ¥27,500(税込)
Size:縦:53cm 横:25cm 持ち手:15cm

Y. & SONS × Aeta / Up-cycled Fabric Bag / L ¥44,000(税込)
Size:縦:75cm 横:40cm 持ち手:24cm


【 久留米絣 括り糸 × 京組紐 Up-cycled Yarn Haori himo 】

久留米絣は、木綿のさんちとしてよく知られる福岡県は久留米にて作られる生地のことです。

“括(くく)り糸” とは、その織り上がる生地の柄を計算し、染まらないようにしたい箇所に括り付けた防染するためのもので、これまでは一度役割を終えると捨てられてきました。

この括り糸を再利用したいという想いから、京都の組み紐屋さんと取り組み始めたのは2022年12月頃でした。

羽織紐は、スタイリングを決める重要なプロダクトです。
この木綿の括り糸から作る羽織紐は初めてだったこと、その太さ、房の処理、坪というディテール作りに至るまで、つくり手さんと何度も試行錯誤を繰り返しながら、満を持してこの度の羽織紐が完成しました。

羽織紐 / 久留米絣 括り糸 × 京組紐 / BLACK ¥14,300(税込)


Y. & SONS HPにて、24年春夏のビジュアルルックを公開しています。
Y. & SONSが提案する春の装いをぜひご覧ください。

■Instagram Y. & SONS 京都
https://www.instagram.com/yandsons_kyoto

DM、電話(075-256-4090)での問い合わせも受け付けておりますので、気軽にご連絡ください。

SHARE ON
  • facebook
  • twitter
Translate »